家賃の滞納リスクに備える|失敗事例を確認してアパート経営に活かす|リスクを抱えない為に
女の人

失敗事例を確認してアパート経営に活かす|リスクを抱えない為に

家賃の滞納リスクに備える

男性

連帯保証人に代わる存在

アパートやマンション等の賃貸借契約を結ぶときは、入居者本人に加えて保証人が債務の連帯保証を行うのが通例となっています。連帯保証人制度は金銭や物品の貸借などにおいても広く採用されているシステムですが、賃貸住宅の場合は身元保証人的な性格も持っており、非常に重要な存在となっています。しかし中には、入居を希望しながら連帯保証人を立てられない事情を持つ人もいます。この場合、もちろん家主は入居を断ることができます。しかしあまり断ってばかりだと、今度は入居者の確保に苦労する可能性も出てきます。そんな時に便利なのが、賃貸保証会社の利用です。連帯保証人がいなくても、家賃等に対する保証を求めることができるようになります。

入居率の向上にもつながる

賃貸保証会社は入居者から手数料を徴する代わり、家賃等の債務保証を行う専門事業者です。もし入居者が家賃を滞納したりした場合は、家主は賃貸保証会社に代位弁済を求めることができます。高齢等を理由として連帯保証人を立てられない者にも賃貸住宅利用の途をひらくと同時に、家主には一個人である連帯保証人に保証義務を負わせるよりも、債権確保の確実性がより高まるというメリットがもたらされます。また、入居へのハードルを下げることで空き室解消に役立つという側面もあります。賃貸保証会社の利用は物件単位で行うことも、入居者単位で行うこともできます。入居者募集広告にあらかじめその旨を謳うのも、入居希望者から相談を持ちかけられた際に改めて検討するのも自由です。