中古と新築のメリット|失敗事例を確認してアパート経営に活かす|リスクを抱えない為に
女の人

失敗事例を確認してアパート経営に活かす|リスクを抱えない為に

中古と新築のメリット

マンション

何か事業をはじめるとき開業資金が必要であり、マンション投資をするときに最も多額な準備資金や借入金が必要となります。自己資金なりローンなり資金の調達方法はいろいろとありますが、価格はできるだけ低く抑えたいものです。こうした問題の解決方法には中古マンションを購入することが最もおすすめです。中古マンションでマンション経営をすれば購入価格が安いです。しかも、これまでの入居実績も調べられます。入居率が高ければ購入した後も入居を希望する人が多いということですので、安定した家賃収入を得られる可能性があります。そのため、安心して購入に踏み出せるというわけです。もちろん、中古マンションだと老朽化もその分だけ早いので、修繕費用がかかる場合もあります。

マンション経営をするときには運用しやすいことも重要です。その観点からマンションを購入するとなると、やはり新築マンションになります。新築だと耐震性が高く修繕する必要はしばらくありません。また、デザインも最新のトレンドが取り込まれていますので、顧客ニーズに合致していて入居率が中古マンションに比べて非常に高くなります。しかも、基本的には住宅事業者が新築して10年以内であれば無償でメンテナンスをしてくれます。このように、マンション経営において非常に運用しやすいというメリットが新築マンションにはあります。ただし、中古マンションに比べると価格が高くなります。このように、中古マンションと新築マンションにはそれぞれメリットがあるので、どちらを購入するかは十分検討しましょう。